市原、ごみ処理施設で火災

 13日午前11時ごろ、市原市福増のごみ処理施設「福増クリーンセンター」から出火、焼却処理に当たる第二工場のごみピット内を焼いた。けが人はなかった。同市消防局は出火原因を調べている。

 同センターによると、第二工場は現在、基幹改良工事中で、ごみピットでは粗大ごみ処理施設から出た破砕可燃物を貯留していた。火災に伴い隣接の第一工場で停止したごみの受け入れは、安全が確認された約3時間後に再開した。


  • LINEで送る