空き巣容疑で男逮捕 千葉県警が映像公開し捜査中

 千葉県警が容疑者画像を公開して捜査していた松戸市の連続空き巣事件で、容疑者の男(22)=窃盗罪で公判中=が警視庁に逮捕されていたことが2日、分かった。県警が明らかにした。

 県警によると、男は東京都足立区の無職。3月10日、松戸市のマンションで、1階の2部屋にいずれもベランダの窓をドライバーのようなものでこじ開けて相次ぎ侵入。小型テレビやゲーム機などを盗んだ疑いが持たれている。

 県警がマンションの防犯カメラ映像を公開して捜査していたところ、警視庁が6月15日に別の空き巣事件で逮捕した男が松戸市の事件への関与を供述。警視庁が9月2日、松戸市の事件で男を東京地検に追送検した。

 男は別の男(21)と組むこともあり、同市や流山市などで30数件の空き巣を繰り返していたという。


  • LINEで送る