被爆者の声を朗読劇に 若い世代が積極参加 麦わらぼうしの会=柏市= 【戦後70年ちば 第3部 忘れない】(27)

 「火をふいている家、つぶれている家。切断された電線、うめく声、声、声。友の手をしっかりと握って死の行列に続く」-。

 今月9日、柏市のアミュゼ柏クリスタルホール。観客の視線が集まる舞台の上で、一人の若 ・・・

【残り 984文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る