単独事故で男性死亡 大網白里の県道

  • LINEで送る

 9日午後4時20分ごろ、大網白里市大網の県道で、20代ぐらいの男性が運転する乗用車がセンターラインを越え進行方向右側の縁石に接触。その後、反対方向の縁石に乗り上げ、歩道上の電柱に衝突した。男性は頭を強く打ち搬送先の病院で死亡した。東金署が男性の身元と事故原因を調べている。

 同署によると、現場は信号機のない片側1車線の緩い左カーブ。対向車線の乗用車の男性が110番通報した。