通勤で“キセル”、不正受給 千葉県教委、銚子商男性教諭を免職 計4教諭懲戒

  • LINEで送る

 千葉県教委は9日、通勤時に“キセル乗車”をしていたとして県立銚子商業高校の寺田健郎教諭(43)を懲戒免職処分にした。寺田教諭は通勤手当約100万円も不正に受給。県は不正受給の金額について精査しており、今後返還を求める。

 県教委によると、寺田教諭は2013年10月から今年5月20日、週に2~3回、自宅から学校に通勤する際、最寄りのJR西千葉駅で千葉駅までの回数券を使って乗車すると、求名駅が無人になる時間帯を狙って下車。千葉-求名駅間の運賃440円分を支払っていなかった。求名駅からは、近くの無料駐車場に止めた車で学校に向かっていた。

 今年3月上旬ごろからは、帰宅時も朝の回数券を使って千葉駅で下車するなどして同駅区間の運賃を逃れていた。今年5月20日朝、県警鉄道警察隊員が寺田教諭を摘発して発覚。東金署が鉄道営業法違反(無賃乗車)の疑いで捜査を進めている。

 寺田教諭はさらに11年10月ごろから、実際は電車などで通勤していたのに高速道路を使って乗用車で通勤していると偽り、通勤手当を不正に申請。不正に受け取った金額は総額約100万円に上るとみられる。

 県教委の調べに「わずかな交通費を浮かせるためにやってはいけないことをした」などと話しているという。

 このほか、茂原市内のアウトドア用品店で5月下旬、釣り道具など約2万3千円相当を万引したとして、大多喜町立小学校の男性教諭(24)を停職6カ月としたほか、3月中旬にタクシー料金の支払いをめぐり運転手に暴行しけがを負わせた船橋市立小学校の男性教諭(33)=傷害罪で起訴猶予処分=を減給1カ月の懲戒処分とした。両教諭とも6月9日付で依願退職した。

 また、4月上旬に職場の歓迎会の2次会などで同僚の女性職員の手足に触ったりキスをしたとして県立市川特別支援学校の男性教諭(34)を停職3カ月の懲戒処分とした。

 県教委は「一度に4人が懲戒処分を受けたことを非常に重く受け止めている」と陳謝。不祥事根絶に向けた研修会を開くよう各学校に通知した。