房総通リズム春の観光特集2024

房総沖でスロースリップ 2月からの地震誘発か

 国土地理院(茨城県つくば市)は1日、房総半島沖でプレート(岩盤)境界がゆっくり滑る現象「スロースリップ」を検出したと発表した。「千葉県東方沖で相次いでいる地震は、この現象が誘発しているとみられる」と ・・・

【残り 406文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る