公開話し合い応じず 中2自殺で館山市教委

  • LINEで送る

 2008年9月に館山市で当時中学2年生の男子生徒が自殺した問題で館山市教育委員会は26日、男子生徒の父親(57)が19日に市教委に出した質問に文書で回答した。

 回答文書によると、記名式アンケートについて「調査自体は父親の要請で、方法は市教委で検討を重ね決定した」と説明。公開での話し合いには応じない考えも示している。