房総通リズム春の観光特集2024

千葉県内急増、最多9951人に 教育機会確保が課題 条例制定 【学びの選択肢 ちば不登校児支援】(上)

千葉県不登校児童生徒支援連絡協議会の第1回会議の様子=7月14日、千葉市中央区
千葉県不登校児童生徒支援連絡協議会の第1回会議の様子=7月14日、千葉市中央区

 千葉県内の不登校の児童生徒が急増し、1万人に迫る勢いだ。専門家は理由に社会的な背景とともに、子どもたちの価値観の多様化を挙げる。学びの機会を確保するため、選択肢の一つとしてフリースクールの重要性も改めて高まっている。

◆小学生は4倍に

 2011年度に県内の小中学校で4777人だった不登校児は13年度以降、増加の一途をたどっている。21年度は過去最多の9951人。そのうち小学生は3583人で11年比で約4倍、中学生は6368人で約1・6倍になった。

 千葉大学教育学部の磯辺聡准教授(臨床心理学、教育相談)は急増の背景を「大人の ・・・

【残り 753文字】



  • LINEで送る