花のレースで大きくみせる カラスウリ 川名興 【房総の草木虫魚】(377)

カラスウリの花=2002年7月30日、千葉市(初芝清氏撮影)
カラスウリの花=2002年7月30日、千葉市(初芝清氏撮影)
カラスウリの実=2010年10月16日、千葉市(初芝清氏撮影)
カラスウリの実=2010年10月16日、千葉市(初芝清氏撮影)

 カラスウリを詠んだ歌はやはり実が多い。

一番少ないのは葉である。

あざみ咲き烏瓜の葉
しげみたり秋暑き日
の崖下のみち
      川田 順一
『現代短歌全集4』(1981年、筑摩書房)

コナラの木に伸び絡
 ・・・

【残り 1012文字】



  • LINEで送る