新婚世帯に最大30万円、木更津市 生活支援事業で補助 

新婚世帯に最大30万円(イメージ)
新婚世帯に最大30万円(イメージ)

 木更津市は、新婚世帯の経済的負担を軽減するため生活費の一部に対し、最大30万円の補助金を交付すると発表した。結婚新生活支援事業として、少子化対策の推進や移住定住の促進に期待する。

 対象は本年4月1日~来年3月31日に婚姻届が受理された夫婦で、申請時に夫婦の住民票の住所が市内の新婚住居地であることや年齢が39歳以下だったり、合計所得額が400万円未満などの各種要件をすべて満たす世帯。同期間中に支払った新婚住居の(1)購入費(2)賃料、敷金、礼金、共益費、仲介手数料(3)リフォーム費(4)引っ越し業者や運送業者に支払った引っ越し費用-の実支出の合計額に対し、1世帯当たり30万円を上限に補助する。

 申請期間は8月1日~来年3月31日。国の地域少子化対策重点推進交付金を活用し、事業を実施。予算額540万円に達した時点で受け付け終了となる。

 申請書に必要書類を添えて市民課窓口(朝日庁舎)に提出する。詳しくは市ホームページで1日公開。問い合わせは同課(電話)0438(23)7253。


  • LINEで送る