いじめ相談、小中学生へ配布のタブレット端末で受け付け 悩みに返信も 習志野市教委

習志野市役所
習志野市役所

 習志野市教委は、同市立校の小中学生に1人1台配布済みのタブレット端末に組み込んだアプリを使い、いじめに関する相談を匿名メールで受け付ける仕組みを導入したと発表した。

 同市教委によると、このアプリで受け付ける対象は、小学5年生~中学3年生の約7千人。既に電話相談に応じていた市教委の総合教育センターとメールで直接結び、被害相談や悩みに返信する。相談者の名前は表示されないが、学校と学年は分かる仕様で、調査や緊急対応にもつなげる。

 いじめを見聞きした周囲の子からの相談も受け付ける。4月から導入。各校でアプリの使い方を周知している。センターの対応時間外の場合はアプリ画面の「SOS」ボタンを押すと、他の専門機関の24時間電話相談窓口に案内される。


  • LINEで送る

習志野市