用地未取得13件に できる限り円満合意へ 市川市議会特別委 外環道

国、NEXCO、県の担当者が出席して開かれた市川市議会の東京外郭環状道路特別委員会=23日、市川市役所
国、NEXCO、県の担当者が出席して開かれた市川市議会の東京外郭環状道路特別委員会=23日、市川市役所

 市川市議会の東京外郭環状道路(外環道)特別委員会が23日、市川市役所で開かれた。国交省首都国道事務所は、市川市と松戸市にまたがる外環道の県内区間11・4キロ区間の用地取得状況について、今年6月末時点の未買収件数が13件となったと報告した。

 同事務所によると、13件のうち10件は、強制的に土地を収用するため、県の収用委員会に委ねられた。審理は今年4月から始まり、10件のうち2件は審理が終了、5件が審理中、3件はこれから審理される。

 残りの3件について、同事務所の藤田明副所長は「できる限り話し合いによる合意を得たい」と述べ、収用委への裁決申請を慎重に判断する姿勢を示した。


  • LINEで送る