【速報】北総鉄道、22年10月運賃値下げ 通学定期64・7%減、初乗り210円→190円に

北総鉄道の運賃値下げ率(北総鉄道HPより)
北総鉄道の運賃値下げ率(北総鉄道HPより)
北総線の千葉ニュータウン中央駅
北総線の千葉ニュータウン中央駅

 北総鉄道(本社・鎌ケ谷市、室谷正裕社長)は19日、運賃を来年10月1日から全体で15・4%値下げするため国交省に変更届け出を行った。特に、通学定期運賃の大幅値下げに踏み切り、64・7%引き下げる。京成高砂―印西牧の原間の1カ月通学定期だと、現行の1万4990円から改定後には4990円となる。普通運賃も初乗りを210円から190円に引き下げ、通勤定期は13・8%値下げする。同社は「子育て世代の負担軽減となり、若い世代が沿線地域に入居する理由付けにつながれば」と波及効果を期待した。

 高運賃が問題になっていた北総鉄道は、来年度中に累積損失解消が見込まれることから、通学定期運賃の大幅値下げと、普通運賃と通勤定期の値下げを決めた。

 値下げ率の特に大きい通学定期では、例えば京成高砂―印西牧の原間の6カ月が、現行の8万950円から5万4千円安い2万6950円になる。

 普通運賃は「沿線内の移動を促進するため、中距離帯を重点に値下げ」(同社)する。切符購入では12~14キロで580円が最大100円安くなる480円に。ICカード利用では105円の値下げとなる。

 通勤定期も普通運賃に準じて値下げ。京成高砂―新鎌ケ谷間の1カ月の場合、現行2万4880円が2万160円になる。

 値下げの問い合わせは北総鉄道企画室(電話)047(445)1902=平日午前9時半~午後5時半。

 北総鉄道の運賃値下げを巡っては、9月定例県議会で熊谷俊人知事が「室谷社長から『来年秋ごろ通学定期運賃の大幅な値下げと、普通運賃値下げの方向で検討している』と報告があった」と明かしていた。

◆京成成田空港線も一部で値下げ

 京成電鉄(本社・市川市、小林敏也社長)も19日、運賃を来年10月1日から京成成田空港線を値下げするため国交省に変更届け出を行った。京成高砂―印旛日本医大間で北総鉄道と同一路線を使用するため、足並みをそろえた。

 印旛日本医大―成田空港間も値下げするが、他の路線では運賃改定は行わない。問い合わせは、京成お客様ダイヤル(電話)0570(081)160=午前9時~午後6時。


  • LINEで送る