【PR】ひとに健康を、まちに元気を。 明治安田生命 船橋支社

 明治安田生命は、感染症の流行や相次ぐ自然災害などにより生活の不安が増大するなか、持続可能な社会の実現に向けた地域貢献活動を加速させている。柱となるのは「みんなの健活プロジェクト」「地元の元気プロジェクト」。船橋支社(船橋市)の嶺岸康支社長に、地元に密着した取り組みについて聞いた。

 当支社は千葉県東葛地域に8拠点を構え、地域に根差した379人の従業員が生命保険を通じて安心できる暮らしをサポートしています。担当エリアは都市化が進み、昼夜人口の差が大きいです。共働き家庭が多く、従業員は子どもの見守り活動や学習環境の向上などに継続して取り組んでいます。また、担当エリア内の自治体等と包括連携協定の締結を進めており、さらなる地域活性化に向けて取り組んでいます。

習志野営業部
 東村亮輔 営業部長(代表)
 支社委員長 中山里美 代表支部マネジャー
 長尾裕子 代表支部マネジャー

船橋本町営業部
 服部幸夫 営業部長
 坂井富子 代表支部マネジャー

浦安営業部
 島本謙滋 営業部長
 宗形直子 代表支部マネジャー

船橋東営業所
 木村太郎 営業所長
 追杉千珠子 代表支部マネジャー

船橋北営業所
 西方純也 営業所長
 井上朋子 代表支部マネジャー

市川営業所
 朝日泰平 営業所長
 伊佐昌子 代表支部マネジャー

八千代営業所
 鈴木沙也加 営業所長
 熊田有沙 代表支部マネジャー

船橋南営業所
 山田健太郎 営業所長
 中沢ひろ江 代表支部マネジャー

【地元の元気プロジェクト】
◆地域に根差した貢献活動

「地元の元気プロジェクト」では、地域住民の健康づくりや暮らしの充実にお役立ていただく目的で自治体等に対し、当社従業員の地元への想いをお届けする「私の地元応援募金」を実施しています。2021年度は7自治体等に、従業員募金と会社寄付を合わせて328万円を寄贈しました。
担当エリアは転入者が多く、地域ごとに特色はさまざまです。従業員には社歴30~40年のベテランもおり、人と人とのつながり、コミュニケーション力で生命保険を提供し、会社を支えていただきました。現代は地域のつながりが希薄になったといわれ、昨年からのコロナ禍でデジタルツールが普及し、非対面による営業が増えました。これまでの対面と非対面を融合した活動で、今後とも人間関係を大事に、地域との距離を縮められるようにさまざまなニーズを捉えた貢献活動を進めていきます。

【みんなの健活プロジェクト】
◆道の駅で健康啓発

担当エリア内にある「道の駅いちかわ」で12月に健康測定会や野菜摂取量をチェックするイベントを初めて開く予定で準備しています。道の駅いちかわの利用者は地元住民がほとんどと伺っています。エリア内は河川が多く、海抜の低い地域や東日本大震災で液状化現象の被害を受けた場所もあり、地域のみなさまの健康啓発とあわせて、安全を守る活動として防災対策についても啓発していくことを考えています。従業員ともども「やってよかった」と手応えを感じ、今後の仕事に対するモチベーションを盛り上げる機会になるようにしたいです。

◆子育て支援で保護者サポート

エリア内は住宅地が広がり、都心部への交通アクセスの良さから子どものいる共働き家庭が多いです。各営業所では交通安全キャンペーンや子ども食堂の支援などをしています。
商店街の植栽活動や小学校への花苗の寄付、要望のあった古切手の回収も行いました。
来年1月から船橋市と協力して公民館を会場にした市民向け講座を開きます。健康増進、災害対策、相続などをテーマに当社の専門家等が講師を務める予定です。
感染拡大の状況も注視しながら、地域の元気のために、さまざまな活動を再開していきます。
お問い合わせ
船橋市本町2-4-10 明治安田生命船橋ビル2階
☎047(433)4161


  • LINEで送る