舞台地でスタンプラリー 稲毛海岸周辺、集客に期待 アニメ「あっちこっち」

アニメ「あっちこっち」の舞台となっているJR稲毛海岸駅前
アニメ「あっちこっち」の舞台となっているJR稲毛海岸駅前
スタンプラリーのポスター
スタンプラリーのポスター

 地上波で放映中のアニメ「あっちこっち」の舞台となっているJR稲毛海岸駅周辺地域(千葉市美浜区)で、モデルとなった場所を巡るスタンプラリーが開かれる。ファンが舞台地を歩くいわゆる「聖地巡礼」を、製作委員会主催で公式化する取り組み。日本初の人工海浜がある稲毛海浜公園なども舞台、順路となっており、地域の集客向上にも期待がかかる。6月1日から17日まで。

 あっちこっちは芳文社が刊行している異識さんの4コマ漫画が原作で、TBS他にて全国放映されている。優しくて鈍い男子高校生と、彼を一筋に思いながらもひた隠しにしてつんと澄ましている女子高生をかわいらしく描いた人気作。同地域は原作者のイメージに近かったことなどから、アニメのモデルとなった。駅前や鉄塔、教育施設など、周辺地域と似たような背景が登場する。

 スタンプラリーの開催は27日夕、インターネットの「ニコニコ生放送」で発表された。期間内に駅前の未来屋書店マリンピア店で台紙をもらい、背景のモデルとなった洋菓子店「ル・グレ館」、マリンピア内のちばしインフォステーション、稲毛海浜公園内の花の美術館=いずれも美浜区=と、アニメイト千葉店(中央区)を巡る。スタンプを三つ以上集めて同店に行くと、特典ポスターがもらえるという。

 スタンプラリーの詳細は公式ページ(http://www.tbs.co.jp/anime/ackc/)。


  • LINEで送る