2期目の服部友則・八千代市長 64歳以下接種、態勢は構築 通学路危険性に積極予算措置

5月の八千代市長選で再選、2期目に入った服部友則市長(64)が千葉日報社のインタビューに応じ、新型コロナ禍対応や東葉高速鉄道の通学定期値下げへの展望を語った。八街市の児童死傷事故を受けて通学路の危険性をあぶり出し、予算措置を講じる考 ・・・

【残り 1043文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る