サイダー、ビール200種 きょうからご当地グルメフェア 東金・道の駅

全国から取り寄せられたサイダーと地ビール=東金市
全国から取り寄せられたサイダーと地ビール=東金市

 「ニッポン津々浦々ご当地グルメフェア」を展開する東金市の道の駅「みのりの郷東金」が、新たに「サイダー&ビール」をテーマにしたフェアを22日から開く。地場産品を使った商品やかわいらしいボトルのものなど、各地のサイダーとビール約200種が並ぶ。

 津々浦々フェアは昨年から不定期開催する人気イベント。今回は「カレー」や「ラーメン」などに続くシリーズ第4弾となった。

 全国から集めたサイダーは70種類以上。道南の天然水と道産ジャガイモ由来の果糖ブドウ糖液糖を使用した北海道の「コアップガラナ」や宮崎県の「マンゴー地サイダー」、香川県からはオリーブ果汁を使い青リンゴのような爽快さが特徴の「小豆島オリーブサイダー」が登場する。

 地ビールもリンゴなど全て長野県産の素材を使用した「りんご安曇野エール」やギョーザの街・宇都宮で作られた「餃子浪漫」など地元の味が楽しめるものがズラリ。ボトルにアニメ「銀河鉄道999」のキャラクターがデザインされた岩手県の「メーテルのヴァイツェン」など変わり種もそろえた。担当者は「旅先でシュワッとしたくなる夏のこの時期、コロナで気軽に旅行に行けなくても自宅飲みで旅気分を味わって」と呼び掛ける。

 25日まで午前9時~午後6時(最終日5時まで)、外テラス特設会場で。問い合わせは同道の駅(電話)0475(53)3615。


  • LINEで送る