「土」で野田を描く 長塚節(2) 中谷順子 【房総の作家】

 長塚節(たかし)は茨城県岡田郡国生(こっしょう)村(現常総市)の豪農に、明治12年に生まれる。茨城中学に進学したが神経衰弱で中退。茨城師範学校に入り卒業した。

 節の最後の大作となった『土』が、生家に近い鬼怒川沿いの教養も ・・・

【残り 993文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る