ブランコで楽しく発電、スマホ充電OK 柏神社に27日まで SDGs考える機会に

柏神社境内に設置された、楽しみながらスマートフォンに充電できるブランコ=柏市
柏神社境内に設置された、楽しみながらスマートフォンに充電できるブランコ=柏市

 こぐことで発電する機能を備えたブランコが、柏市中心部の柏神社境内に登場した。スマートフォンへの充電設備があり、環境に負荷をかけず楽しみながら充電できるのが特徴。国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を考えるきっかけにしようと、まちづくり団体の柏アーバンデザインセンターが設置した。

 ブランコはオランダ製でコスタオーラトレーディング(茨城県つくば市)が日本第1号として輸入した。同社の関隆社長は「1分こいで3%程度充電できた」と説明。ブランコが振り子になり発電機につながる滑車を回すため、大きくこぐのがこつという。

 同センターはJR柏駅から半径500メートル程度の範囲を対象に公民学連携によるまちづくりに取り組んでいる。柏神社には27日まで設置。その後も複数箇所に移動する予定。

 同社によると、オランダではユトレヒト駅に4基設置した社会実験が好評で常設された。日本では柏市内を皮切りに広げたい考え。関社長は「(持続可能な社会に向け)何でも我慢するのではなく『遊びながらできることもある』との発想を取り入れてほしい」と話している。


  • LINEで送る