房総の漁の歴史平明に 多彩な食材と料理法紹介 『イワシ予報官の海辺の食卓』 平本紀久雄著【故郷の本たちへ河野良恒】(77)

 幼いころには九十九里海岸の白子の浜でも地引き網でイワシがかなりとれた。毎朝、行商のおばさんたちが新鮮な魚を自転車の荷台に積み、庭先に売りに来た。茂原市の生家でも、煮付け、焼き物、刺し身などと毎日のおかずはイワシづけ。「また、イワシか」とうんざりしたことを思い出す。

 館山市の平本紀久雄氏は、県水産試 ・・・

【残り 1342文字】



  • LINEで送る