女子トイレに生理用品配備 君津の市立小中学校

 君津市は16日、コロナ禍の長期化による経済的な理由などを配慮し、すべての市立小中学校の女子トイレに生理用品を配備すると発表した。

 対象となるのは、小学13校、中学7校の計20校の小学4年生以上の女子が使うトイレ。防災備蓄倉庫に備蓄されている生理用品を活用し、必要とする児童・生徒が自由に使えるように計約3500個を19日から配備する。

 市学校教育課は「生理用品を入手することが難しい『生理の貧困』が課題になり、市内でも取り組むことにした」と話している。


  • LINEで送る