「箱根駅伝走りたい」 市柏高3年 町沢選手が受賞報告 アジアクロカンで銅

アジアクロスカントリー大会の銅メダル獲得を報告する町沢選手(左から2番目)=11日、柏市役所
アジアクロスカントリー大会の銅メダル獲得を報告する町沢選手(左から2番目)=11日、柏市役所

 今年3月に行われた「2012アジアクロスカントリー大会」で、銅メダルに輝いた柏市立柏高校陸上部の3年生、町沢大雅選手(17)が11日、柏市役所と沼南庁舎を訪問し、秋山浩保市長らに受賞を報告した。町沢選手は「今年はインターハイでの入賞が目標。将来は箱根駅伝で走りたい」と今後の活躍も誓った。

 クロスカントリーは自然の地形を利用し起伏のあるコースを走る陸上競技。同大会は3月24日、中国・清鎮で開催された。当時2年生だった町沢選手は計28選手が競うジュニア男子8キロの種目に出場。標高約1200メートルのコースを2位と同タイム、1位とわずか3秒差の25分10秒で走り抜き、銅メダルを獲得した。


  • LINEで送る