新型コロナのワクチン第2便 成田空港に到着、最大約45万回分

成田空港に到着した新型コロナウイルスのワクチン=21日午前
成田空港に到着した新型コロナウイルスのワクチン=21日午前
航空機から降ろされる新型コロナウイルスのワクチン=21日午前、成田空港
航空機から降ろされる新型コロナウイルスのワクチン=21日午前、成田空港
空輸された新型コロナウイルスのワクチンはトラックに積み替えられ、成田空港を出発した=21日午前11時過ぎ
空輸された新型コロナウイルスのワクチンはトラックに積み替えられ、成田空港を出発した=21日午前11時過ぎ

 新型コロナウイルスのワクチンを積んだ航空機の第2便が21日午前、生産工場のあるベルギーから成田空港に到着した。国内で初めて承認された米製薬大手ファイザー製で、1瓶当たり6回接種できる注射器を使用すると、最大約45万回分となる。医療従事者を対象とした先行接種で使われる見通し。

 ワクチンを載せた全日空の貨物便は、午前10時ごろ成田空港に到着。ワクチンはドライアイスで冷却する専用の箱に入れられ、同社のスタッフたちは機体からコンテナなどを慎重に取り出した。

 続いて貨物専用の車両で倉庫まで運ばれてトラックに積み替え、午前11時すぎに空港を出発した。

 ワクチン第1便は12日に最大約38万回分が届き、医療従事者への先行接種が始まっている。厚生労働省によると、接種済みの医療従事者は19日時点で68病院5039人。

 政府は今後到着するワクチンと合わせて、3月1日の週と8日の週にそれぞれ最大58万5千回分を都道府県に出荷する方針。


  • LINEで送る