東金移転の城西国際大 鴨川市と施設保全協定

大学用地や施設の保全で基本協定を結んだ亀田市長(左)と城西国際大の倉林眞砂斗副学長(鴨川市提供)
大学用地や施設の保全で基本協定を結んだ亀田市長(左)と城西国際大の倉林眞砂斗副学長(鴨川市提供)

 観光学部の拠点がある鴨川市の城西国際大安房キャンパスが、2022年4月に千葉東金キャンパス(東金市)へ移転されることを受け、鴨川市は大学に無償譲渡した土地や施設を現状のまま保全することを求める基本協定を大学側と結んだ。市は「移転が撤回される可能性は限りなく低い。移転に伴う影響を最小限にとどめたい」と ・・・

【残り 418文字】



  • LINEで送る