入賞75作品決まる 県小中高書き初め展 小林さん、佐野さん、金森さん知事賞

児童生徒の力作を入念に確認する審査員=7日、千葉市中央区
児童生徒の力作を入念に確認する審査員=7日、千葉市中央区

 第73回県小・中・高校書き初め展(一般社団法人書星会、千葉日報社主催)の中央審査が7日、千葉市中央区内で開かれ、入賞作品75点が決まった。最高賞の知事賞には国府台女子学院中学校3年、小林真妃奈さんと館山市立北条小学校6年、佐野日香さん、県立船橋法典高校2年、金森絢女さんの3人が選ばれた。

 同展には、県内の小中高校計1270校から10万5390点の応募があった。同日は地区審査を通過した348点を宮負丁香審査長らが審査した。宮負審査長は「質の高い作品が集まった。相当な練習をしたと分かる」と講評した。

 成績と優秀作品は23日に本紙で掲載予定。同区の県立美術館で開催予定だった展覧会は、新型コロナウイルス緊急事態宣言の延長により同館が休館中のため中止する。

 例年は地区審査を通った児童と生徒による中央席書大会を実施しているが、2019年の台風被害で会場の県総合スポーツセンター体育館(千葉市稲毛区)が使用できず、今回は見送った。


  • LINEで送る