トップレベルの走り間近に 駅伝の強豪・順大の練習、中学生が見学 大多喜

 大学駅伝の強豪で普段は印西市にあるキャンパスで練習する順大の選手たちが6日、大多喜町でロード練習を行い、陸上競技に取り組む大多喜中の生徒11人が走り方を参考にしようと練習を見学した。

 町内にある川崎病院の宮野武理事長が順大駅伝強化担当理事であることが縁で、選手たちは年に数回、同町で走り込みをしてい ・・・

【残り 373文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る