京葉道路の歴史紹介 全線開通40周年で特設サイト

全線開通から40年を迎えた京葉道路。千葉と東京を結ぶ交通の大動脈の役割を果たす=千葉市稲毛区
全線開通から40年を迎えた京葉道路。千葉と東京を結ぶ交通の大動脈の役割を果たす=千葉市稲毛区
現在の京葉道路花輪IC付近にはかつて谷津遊園(1982年閉園)があった(NEXCO東日本提供)
現在の京葉道路花輪IC付近にはかつて谷津遊園(1982年閉園)があった(NEXCO東日本提供)

 千葉と都心を結ぶ重要な交通網「京葉道路」が、10月で全線開通40周年を迎えた。東日本高速道路(NEXCO東日本)は、記念特設サイトを開設して全線開通までの歴史や沿線地域の観光地を紹介。30日まで千葉産品が当たるキャンペーンを実施している。

 京葉道路は1957年、国道14号の混雑緩和を目的に建設が始まった。60年4月に第1期区間の東京都江戸川区-船橋間8・8キロが開通。その後、20年にわたって延伸工事が行われ、穴川-蘇我区間の完成により80年10月1日、都内から千葉市までの市街地を結ぶ高速道路として全線が開通した。全長36・7キロ。1日の交通量は約28万台と、同社が管理する高速道路の中でも交通量が多い路線の一つ。

 特設サイトは、建設から現在に至るまでの歴史を年表と開通や工事着工の様子を写真で紹介。沿線地域の特産物や観光施設も解説している。京葉道路にまつわるエピソードを30日まで募っており、抽選で50人に1万円相当の千葉産品が当たる。

 同社の担当者は「これからも長く愛されるような道路にしていきたい。安全管理に努めていく」としている。


  • LINEで送る