「痴漢・盗撮マジ許さない」 地元キャラで啓発ポスター 銚子

完成したポスターを紹介するリコ(左)とレオパルドンの哀愁さん=19日、JR銚子駅
完成したポスターを紹介するリコ(左)とレオパルドンの哀愁さん=19日、JR銚子駅

 銚子市特別観光大使のキャラクター「リコ」が登場する痴漢・盗撮防止のポスターが完成し、JR銚子駅(同市)で19日、お披露目された。同駅構内や銚子電鉄、市内を走る路線バスに掲示される。

 銚子署の呼び掛けで「リコ」を手掛ける地元の農家「ウッド村ファーム」が協力。ポスターにはリコとともに、地元イベントの司会なども務める「レオパルドンの哀愁」さんが“犯人役”で登場。「痴漢・盗撮 本気(マジ)で許さない」とのメッセージを掲載し、県迷惑防止条例について解説した。

 同駅で開かれた完成発表会で、松居弘樹署長は「リアルで素晴らしいポスターができた。卑劣で悪質な犯罪を一件でも多く防止、摘発したい」とあいさつ。ポスターを貼った駅構内の階段で、記念撮影もした。

 リコは2019年1月に、同署の「一日警察官」を務めている。


  • LINEで送る