幕末の市原書き留めた日記 名主子孫、市へ寄贈

 戊辰戦争で風雲急を告げる幕末、島野村(現市原市島野)を巡るさまざまな状況を名主の落合廣胖が書き残した慶応4(1868)年の日記 ・・・

【残り 565文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る