ヨシゴイ 俳人の心つかむ鳴き声 成田篤彦 【房総の草木虫魚】(338)

 梅雨のヨシ原、ハス田の奥に、背丈を越えるヨシが屏風のようにびっしりと生えている。雨が降り出しそうな曇り空、「黄色のボールがヨシ原に飛び込んだ?」と思い、眼を凝らすとヨシの枯れ穂が一本、揺れている。「ヨシゴイでは?」と双眼鏡でのぞいたが、どこにいるのか分からない。近づく ・・・

【残り 1204文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る