地番に土地の歴史 「甲乙丙丁戊」表記 【千葉地理学会連載 おもしろ半島ちば ちばの地理再発見】

一松地区の地図(国土地理院)
一松地区の地図(国土地理院)
一松丁の交差点
一松丁の交差点
一松戊の電柱表記
一松戊の電柱表記

 千葉県内には、住居表記で「イロハニ」の表記があることが以前本欄でも取り上げられ、この表記は複数の市町で見られました。

 現在県内で唯一の村である長生村には、東部の海岸部に属する一松(ひとつまつ)地域で「一松乙」「一松丙」などの住居表記があり、電柱や交差点にも表記されています。

 「甲乙丙」は、昔は通知表の優良可、現在のABCや5段階と同じ意味で使われ、現在よりも日常的に使われていたようですが、今日ではあまり見かけなくなりました。甲乙丙の住居表記は意味的には「1丁目1番地」のような表記と変わりませんが、大半が数字の丁目や地番で表記されている現在では珍しいかもしれません。

 一松村は、1869年にそれまでの一松郷の21カ村を合併して誕生しました。

 甲乙丙の地番表記については、73年に始まった地租改正がその起源のようです。一松村の地租改正は「76(明治9)年に村内を5組に分け、甲乙丙丁戊を地番に冠して始めた」という記述が『長生村史』(1960年)に見られます。

 その後、1889(明治22)年の町村制が施行された際に、字(あざ)を統合して五つの区が編成され、この時の一区が甲、二区が乙に相当することになった経緯があります。

 1941年に区が廃止されて15集落が置かれたものの、地番表記は明治9年のものを、明治22年の町村制の5区の編成に当てはめて引き継いでいると言えます。

 「甲・乙・丙・丁・戊」の読みはそれぞれ「こう・おつ・へい・てい・ぼ」ですので、例えば「一松戊」は「ひとつまつぼ」という読みになります。

 一松地区は南から北に「甲・乙・丙・丁・戊」という順番になります。しかし現在、「乙」から「戊」までの表記が目立ち、「甲」はちょっと見当たりません。

 53年に一松村・八積村・高根村が合併して長生村が成立し、その後54・55年に「甲」に属する南部の船頭給(せんどうきゅう)と新地(あらち)の2集落が一宮町に編入されました。このため「甲」は、一宮川の近く、九十九里有料道路(波乗り道路)とその西側を南北に走るビーチラインの間に、狭い範囲で残るだけです。

 この他、かなり離れた内陸部の本郷尼ケ台交差点付近に「一松飛地甲」もあります。しかし、「乙」~「戊」に比べて「甲」の面積はとても狭く、一宮町への編入の経過を知らないと、なぜ「甲」がほとんどないのかわかりにくくなっています。

 珍しい表記の地番にも、その土地の歴史が反映されています。

(県立長生高校・関信夫)


  • LINEで送る