地勢利用し開発 河川氾濫域生活の場に 【25開周年記念企画 関東のへそ】(下)

 島国で、海から山までの距離が短いところも多い日本では、陸路とともに川や海を使った水路が発展します。陸路では山をなるべく避け、海岸に沿って徒歩が比較的容易な渡河地点を選び、内陸部では渓谷に沿って谷間を進み、低い峠を ・・・

【残り 957文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る