2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

加瀬さん二つの日本新 パワーリフティング 銚子から「世界一」へ

パワーリフティングで日本新記録を樹立した加瀬さん=21日、銚子市役所
パワーリフティングで日本新記録を樹立した加瀬さん=21日、銚子市役所
越川市長(右)を訪問し成果を報告した加瀬さん=21日、銚子市役所
越川市長(右)を訪問し成果を報告した加瀬さん=21日、銚子市役所

 銚子市のパワーリフティング選手、加瀬智さん(28)が、今夏開催された全日本選手権大会の男子120キロ級で日本新記録を二つ樹立した。21日、市役所で越川信一市長に成績を報告し、世界一を目指すことを誓った。

 加瀬さんは昨年の大会で標準記録を突破し、今年8月に兵庫県明石市で開かれた選手権大会の出場権を獲得。ベンチにあおむけになり両腕でバーベルを上げる「ベンチプレス」、バーベルを肩に担ぎ、ひざを曲げ腰を落としてから元の姿勢に戻る「スクワット」、床に置いたバーベルをつかみ、上体を起こす「デッドリフト」の3種目に臨んだ。

 ベンチプレスで303・5キロを記録し、3種目の最大重量を合わせた「トータル」で881キロをマーク。いずれも日本記録を更新した。

 新記録樹立を報告した加瀬さんは「セコンドの協力がなければ実現しなかった。感謝している」と語り、「目指す世界一を達成するため、これからも練習していきたい」と力を込めた。訪問を受けた越川市長は「銚子に新たな日本一が誕生し、うれしく思う」と激励した。

 加瀬さんは旭市のジムで練習しているほか、所属する「K'S GYM横浜」(横浜市港北区)でもトレーニングを続けている。


  • LINEで送る