2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

かぐわしい新藁の香り 晩秋の民家 【民家の四季 絵・文道塚元嘉】

 つくつく法師。県内では、オーシンチョコチョコの名で親しまれ、楽音的な鳴き声をもっている特異な蝉(せみ)。この声を聞くと、ああ夏も終わりだな、と民家の縁先でしみじみ思った日もある。9月上旬にかけて多くなり、遅いものは10月上旬まで鳴いていた寂寥(せきりょう)とした自然が身近にあった。心なしか山里の雑木林も幾分明るくなって。 ・・・

【残り 1450文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る