2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

医療従事者を激励 コロナ禍奮闘ありがとう 公津の杜小児童がメッセージ 国際医療福祉大成田病院

成田市立公津の杜小の児童から寄せられた応援メッセージが多くの医療従事者を励ましている=成田市の国際医療福祉大成田病院
成田市立公津の杜小の児童から寄せられた応援メッセージが多くの医療従事者を励ましている=成田市の国際医療福祉大成田病院
公津の杜小の児童から寄せられた応援メッセージ
公津の杜小の児童から寄せられた応援メッセージ

 新型コロナウイルス感染者の治療に当たる国際医療福祉大学成田病院(成田市畑ケ田)を励まそうと、同市立公津の杜小学校(半田康校長、児童781人)の児童が応援メッセージを贈った。9枚の模造紙に一人一人のメッセージカードが貼られ「毎日朝早くから夜遅くまで働いてくれてありがとう」といった激励で埋め尽くされた。

 メッセージは、同校で異学年交流を行う「なかよし委員会」の5、6年生が中心となり発案。全児童に呼び掛け、半田校長が病院を訪れ直接手渡した。メッセージは多くの医師や看護師、スタッフの励みになるよう院内の各所に掲示された。

 「コロナの中頑張ってくれてありがとう」「病院の先生にはコロナをふきとばす力があると思います」「コロナにかからないようにきをつけてください」などの激励のほか、絵本のように複数ページにわたってメッセージが書かれている力作もある。

 子どもたちからの励ましに宮崎勝病院長は「職員一同一丸となって日々の医療に従事していこうと改めて決意することができた。日々の励みになっている」と感謝した。

 同病院では新型コロナの対応病床が46床あり、治療に当たっている。


  • LINEで送る