2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数
新型コロナウイルス情報

10月に千葉大でシンポ コロナ禍の災害、医療焦点

 新型コロナウイルス感染拡大を踏まえた災害対応や災害医療を考える千葉大主催のシンポジウム「台風被害とコロナ禍の複合災害に備える 防災の最前線」が、10月24日に千葉大ゐのはな記念講堂(千葉市中央区)で開かれる。

 全国で深刻化する台風・豪雨被害に焦点を当てた同シンポは、学術研究の紹介▽災害と感染症の課題と対策▽自治体の防災への取り組み-が柱。専門性の高い内容の午前の部は、同大の教授らが災害時の二次的な健康被害防止体制や、人工知能(AI)を生かした災害治療の展望などを語る。

 より一般向けの午後の部は、昨年秋の台風で大規模停電が起きた千葉市の熊谷俊人市長や、PCR検査室を整備したいすみ市の太田洋市長が取り組みを紹介し、意見交換する。

 風水害で問題になるカビへの対策や、各自治体が頭を悩ますコロナ禍における避難所運営への提言もあり、同大が進める災害治療学研究所の構想も披露される。同大は「防災を一緒に考え、シンポで得た知識を普段の生活に生かしていただければ」と参加を呼び掛けている。

 だれでも無料で参加できるが、10月21日までに事前申し込みが必要。詳細は同大ホームページまたは同大亥鼻地区総務課(電話)043(226)2501。


  • LINEで送る