2020夏季千葉県高等学校野球大会 あの瞬間を捉えた写真も多数

世界的現代美術作家・宮島達男さん 千葉市美術館で初の大規模個展 25年の活動紹介、多彩なLED作品も

文化圏の異なる女性3人が登場する作品「Counter Skin on Faces」=千葉市美術館
文化圏の異なる女性3人が登場する作品「Counter Skin on Faces」=千葉市美術館
報道関係者向けの説明会でLEDを使った作品を解説する宮島さん
報道関係者向けの説明会でLEDを使った作品を解説する宮島さん

 千葉市中央区の市美術館で、国内外で活躍する現代美術作家、宮島達男さん(63)の企画展が開かれている。宮島さんは発光ダイオード(LED)のデジタル・カウンターを使用した作品で知られ、大規模個展は首都圏で12年ぶり、千葉市では初めて。最新作や国内初公開など約45作品が並び、1995年から四半世紀にわたる創作活動を「クロニクル(年代記)」風に紹介している。

 企画展「宮島達男 クロニクル 1995-2020」は同美術館の開館25周年と拡張リニューアルを記念。起点の95年は、代表的なインスタレーション作品「地の天」を制作するなど、宮島さんにとって重要な転換期という。同作品は当時実用化されて間もなかった青色LEDを使って、1から9までを繰り返す数字で人間の生と死の循環を表現。今回の企画展でも見ることができる。

 異なる人種の女性3人の映像作品は、3人の顔がそれぞれの文化や宗教のイメージとは異なる赤、黒、白にペイントされ数字がカウントダウン。異文化との対話や他者への共感の可能性を提示している。宮島さん自身が登場する映像作品は生と死を巡る喜怒哀楽を表現したという。

 来場者参加型の作品も。自分が亡くなる年月日を想像して入力すると、来場者本人の顔写真が画面に映り亡くなる日までのカウントダウンが始まる。宮島さんは「残された時間をいかに生きるか。生の質を問う作品」と説明した。

 この四半世紀に創作してきた多彩なLED作品も展示。9枚の鏡と赤く光るLEDを組み合わせた作品や数字が「生命のように」ランダムに変化し続ける作品、2500個のLEDで仏教の世界観を示した作品などがそろう。

 宮島さんは数字を絡めた作品を発表し続けていることについて「数字は民族や文化圏が異なっても理解でき、ビジュアル的にもインパクトがある。限られた生命の時間を精いっぱい生きることが重要」と話した。

 12月13日まで。毎月第1月曜日と10月19日、11月16日が休み。観覧料は一般1200円、大学生700円、小中高校生は無料。期間中、宮島さんの講演会などの関連イベントがある。問い合わせは同館(電話)043(221)2311。


  • LINEで送る