2020夏季千葉県高等学校野球大会
新型コロナウイルス情報

消防の仕事、動画で 厳しい訓練インスタ配信 市原市

真下から見上げた救助訓練の様子は珍しいという(市原市消防局提供)
真下から見上げた救助訓練の様子は珍しいという(市原市消防局提供)
消防ロボットシステム「スクラムフォース」(市原市消防局提供)
消防ロボットシステム「スクラムフォース」(市原市消防局提供)

 市原市消防局(小栁勝則消防局長)は、消防車両や厳しい訓練、消防士の一日などを短編動画で紹介する公式インスタグラムを開設した。

 現在、配信中の動画は9本。特殊車両では、世界で唯一の消防ロボットシステム「スクラムフォース」やコンビナート火災を中心とした即応部隊の「ドラゴンハイパー・コマンドユニット」などを紹介する。

 ヘルメットに小型カメラを装着し撮影した救助訓練の様子は、一般市民が目にする機会が少ない珍しい映像。「消防士の一日を目線で体験」には実際の火災現場の記録映像もあり、午前8時半に出勤してから翌朝8時40分の退勤まで24時間勤務の緊張感が伝わってくる。

 市公式ユーチューブチャンネルでも8本を公開しており、インスタグラムの内容と一部が異なる。

 同市消防局は、新型コロナウイルス感染防止で消防署の見学や職場体験を中止している。これに代わって動画などを発信することで、災害現場での活動や火災予防への理解と協力、自助・共助の防災意識醸成を狙っている。消防局職員が制作した。


  • LINEで送る