2020夏季千葉県高等学校野球大会

第63回千葉文学賞受賞・相羽亜季実さんに聞く 人物が勝手に語り出す ラストの痛快さを意識

 小説「いのちの時間」で第63回千葉文学賞(千葉日報社主催)を受賞した浦安市の相羽亜季実さん(44)に、作品の執筆動機や工夫した点、今後の創作活動への抱負などを聞いた。

 -受賞の感想をお聞かせください。

 ・・・

【残り 976文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る