2020夏季千葉県高等学校野球大会
新型コロナウイルス情報

ディズニー「新しい運営方法」を公開 ミッキーとも“距離”保って 感染防止ルール各所に 【写真特集】

ミッキーマウスらが山車に乗ってパーク内を回る「グリーティング」では従業員が看板を掲げ、間隔を空けるよう呼び掛けた=29日午前、浦安市
ミッキーマウスらが山車に乗ってパーク内を回る「グリーティング」では従業員が看板を掲げ、間隔を空けるよう呼び掛けた=29日午前、浦安市
ソーシャルディスタンスを促す従業員=29日午前、浦安市
ソーシャルディスタンスを促す従業員=29日午前、浦安市
アトラクション「イッツ・ア・スモール・ワールド」で間隔を空けて座るデモンストレーションを行う従業員=29日午前、浦安市
アトラクション「イッツ・ア・スモール・ワールド」で間隔を空けて座るデモンストレーションを行う従業員=29日午前、浦安市

 浦安市の東京ディズニーランド(TDL)とシー(TDS)の7月1日再開を前に、運営するオリエンタルランド(OLC)が29日「新しい運営方法」を公開した。新型コロナウイルスの感染防止策を踏まえ、社会的距離(ソーシャルディスタンス)を保つためのルールがパークの各所に。従業員が来園者役を務め、新型コロナ禍でパークを楽しむ“ニュースタイル”を披露した。

 新しい運営方法では、来園者にマスク着用を要請。入園前に検温を実施する他、アトラクション待ちなどの行列ができる場所には空けるべき間隔のめどにと目印を設置した。アトラクションはグループごとに座席の間隔が空くように従業員が案内。感染防止が難しい施設は運営を中止し、キャラクターと触れあうのも当面休止とした。

 この日はTDLで、ミッキーマウスたちが山車に乗ってパレードルートを回り、来園者にあいさつするイベントを公開。従業員がソーシャルディスタンスを保つよう声を掛け、来園者役の従業員が間隔を空けて楽しむ様子をデモンストレーションした。来園者の集中を避けるため、公演時間の事前告知は行わない。

 休園期間が約4カ月に及んだことについて、OLCアトラクション運営部の柿沼裕部長は「多くの人を迎える当たり、安全安心対策をしっかり取るために時間が必要だった。今できる最大のおもてなしで、ゲストと一緒にハピネスを作っていきたい」と話した。

 両パークとも7月1日から再開するが、入園は日付指定のチケットを公式サイトで購入した人に限る。OLCによると、当面の入場者数は従来の5割程度に制限する。


  • LINEで送る