IT使い家近くで勤務 子育て中も働ける環境創出 美浜区に時間貸しオフィス

会議室の設備を見学する市民=22日、千葉市美浜区のちばスマートワークセンター
会議室の設備を見学する市民=22日、千葉市美浜区のちばスマートワークセンター

 インターネットやパソコンなどの情報通信技術を使って、市民が遠い職場ではなく家に近い場所で働けるような環境を創出しようと、時間貸しのサテライトオフィス「ちばスマートワークセンター」が22日、千葉市美浜区のJR稲毛海岸駅周辺地域に開設された。都内に通勤する「千葉都民」が多い同区で、地元で働ける環境を整え労働者の生活の質を向上させるとともに、子育てなどで働けなかった市民に対して快適に働ける環境を提供することで、潜在的な労働力の活用も期待される。

 同センターは、国交省や都市再生機構(UR)、日本IBMなど10団体が組織する「ちばスマートワーク推進協議会」による実証実験。

 同協議会は情報通信技術を使い時間や場所にとらわれない働き方「スマートワーク」の確立を目指している。在宅勤務者の中には「家の中では子育てなどで気が散って仕事に集中できないことがある」といった需要もあることから、都市近郊の駅前に仕事の拠点を整備しようと、URの多目的ホールを改装して設置した。複合機や電子黒板など最新のオフィス機器を整え、在宅勤務制度のある大企業や、コンピューター利用の小規模事業所、起業家などの需要を見込む。


  • LINEで送る