習志野のオービックアメフットV2報告 森田知事「県民に勇気」

渡辺選手からサイン入り帽子をプレゼントされご機嫌の森田知事(右端)=1日、県庁
渡辺選手からサイン入り帽子をプレゼントされご機嫌の森田知事(右端)=1日、県庁

 習志野市を拠点にするオービックシーガルズのスタッフ、選手代表が1日、県庁を訪れ、アメリカンフットボール日本選手権(ライスボウル)2連覇を森田健作知事に報告した。森田知事は「県民を勇気づけてくれた。ぜひ3連覇を」と活躍をたたえた。

 県庁を訪ねたのは並河研ゼネラルマネージャー、大橋誠ヘッドコーチ、古庄直樹主将ら9人。大橋ヘッドコーチは「県民の熱い支援のおかげで、連覇を達成することができた」と報告。古庄主将は「チームワークで、来年も日本一を千葉に持って帰りたい」と、早くも次のシーズンに向け力強く抱負を語った。

 ケビン・ジャクソン、渡辺雄一の両選手から、それぞれライスボウルで使用されたボール、サイン入り帽子が知事にプレゼントされた。


  • LINEで送る