地域の課題解決へ熱弁 ごみ問題など研究調査 大多喜高

 千葉県立大多喜高校(川崎浩祐校長)で、地域の課題を研究・調査した成果の発表会が開かれた。1年生143人は研究班ごとにブースを設け、ごみの再利用や人口減少への歯止め ・・・

【残り 733文字、写真 1 枚】



  • LINEで送る