避難ペットの健康支援 柏で田代さんと県獣医師会

ペットの健康診断をする田代さん(右)
ペットの健康診断をする田代さん(右)

 柏市は、同市内で使用されていない民間企業の社宅を借り受け、東日本大震災で被災した東北3県からペットを連れて避難してきた家族ら78世帯約160人に住まいを提供している。避難所近くで動物病院を開業している獣医師の田代充さんは、本年度からスタートしたこの支援事業に賛同。ボランティア活動の一環として、ペットの無料健康診断を実施している。

 また、震災直後から県動物愛護救助本部を立ち上げ、被災者と一緒に避難してきた動物たちの診療を支援してきた県獣医師会(山根晃会長)も田代獣医師の活動に協力している。


  • LINEで送る