「太陽の光」未来へ メッセで聖火引き継ぎ式リハーサル キッズダンサー140人躍動 EXILE・HIROさん「本番楽しみ」【2020年東京五輪】

握手を交わす東京2020組織委員会の森喜朗会長(右)と監督のEXILE・HIROさん
握手を交わす東京2020組織委員会の森喜朗会長(右)と監督のEXILE・HIROさん
太陽をイメージした衣装を身にまといパフォーマンスを披露する子どもたち=26日午後、千葉市美浜区の幕張メッセ
太陽をイメージした衣装を身にまといパフォーマンスを披露する子どもたち=26日午後、千葉市美浜区の幕張メッセ

 3月19日にギリシャで行われる東京五輪の聖火引き継ぎ式を前に、千葉市美浜区の幕張メッセで26日、日本側が披露する文化パフォーマンスのリハーサルが行われた。人気グループ「EXILE(エグザイル)」のHIROさんが監督を務め、小学生から高校生までの140人を中心に、総勢216人のダンサーが出演。HIROさんは「子どもたちのパワーがすごくて、エネルギーをもらった。目指していた“未来につながるパフォーマンス”になっており、本番が楽しみ」と上々の手応えを示した。

 聖火引き継ぎ式は、古代五輪発祥の地、ギリシャ西部オリンピアで採火された聖火を同国内で8日間リレーし、五輪開催地へと引き継ぐセレモニー。アテネのパナシナイコ競技場で行われ、ギリシャと日本がそれぞれの文化を表現するパフォーマンスを行う。

 出演者はEXILEが所属するLDHが全国で展開するダンススクール12校から選ばれた小学生20人、中学生100人、高校生20人ら。東京2020組織委員会の文化教育委員でもあるHIROさんが監督を務め、日本神話や神楽、日本各地の祭り、ストリートダンスなどの要素を融合させたパフォーマンスで「希望の道を、つなごう。」という五輪聖火リレーのコンセプトを表現する。

 演技は約10分間で、「聖火を生み出す“太陽の光”を手に入れ、時代を超えて“未来への希望の光”を受け継いでいく」というストーリー。三幕構成となっており、衣装の早替えなどでテンポ良く世界観を変化させる。

 26日は報道陣に冒頭の3分間が公開された。真っ白な衣装をまとった子どもたちが円を描きながらオレンジや黄色の布を振って舞い踊り、「太陽の光」を得る一幕を表現。一瞬の早替えで太陽や炎をイメージさせる鮮やかな色の衣装に身を包むと、会場全体を駆け回り、躍動感のあるダンスを披露した。

 リハーサルを終えたHIROさんは「日本の伝統芸能と子どもたちのパワーを融合させた。全員でのリハーサルは4回目だが、本番と同じ衣装を着たのは初めて。本気のパフォーマンスが見られて重要な一日になった」と振り返った。

 組織委の森喜朗会長もリハーサルを見学。「全国から選ばれた子どもたちなので、なかなか全員で練習をする機会がなく心配していたが、すばらしいダンスでほっとした。きっとギリシャの人たちも喜んでくださると思う」と笑顔をみせた。


  • LINEで送る