海の安全願い鯛供養 日蓮由来の弁天祭 鴨川・鯛の浦

船着き場で題目を唱える住職ら=18日、鴨川市
船着き場で題目を唱える住職ら=18日、鴨川市

 日蓮宗開祖の日蓮聖人が誕生した鴨川市小湊の鯛(たい)の浦で18日、鯛供養弁天祭が行われた。小湊地区の住民ら約100人が見守る中、妙蓮寺や誕生寺の住職や僧侶らが船着き場で読経し、海や家内の安全を願った。

 弁天祭は大正末期、エビ網にかかって死んだ日蓮聖人の化身とされる鯛の浦のタイを、当時の妙蓮寺の住職が供養したのがきっかけ。住職らが船で大弁天島付近へ向かい、地域住民と共にタイを供養する全国でも珍しい祭りで、毎年同日に実施している。

 同日は悪天候により船上での読経は中止になった。小湊妙の浦遊覧船協業組合の吉田勝敏代表理事(70)は「昨年は台風など自然災害が多く、大弁天の鳥居も壊れ、流されてしまった。自然災害の少ない一年になれば」と願った。


  • LINEで送る