機転利かし詐欺防止 千葉南署、郵便局長らに感謝状

電話de詐欺を未然に防ぎ、林署長から感謝状を手渡される山田さんら=千葉南署
電話de詐欺を未然に防ぎ、林署長から感謝状を手渡される山田さんら=千葉南署

 電話de詐欺の被害を未然に防いだとして千葉南署(林哲弥署長)は、土気郵便局の宮川太一局長、土気駅前郵便局の山田祥代局長に感謝状を贈った。

 同署によると、宮川さんは11月19日、窓口を訪れた千葉市緑区の80代女性から「弟の葬式費用に100万円を引き出したい」と相談を受けたが、不審に思い家族に確認するよう促した。女性は「家に帰る」と言い立ち去ったものの、自宅とは反対方向に向かった。

 宮川さんは別の郵便局に行くと考え、女性が向かった方向にある駅前郵便局の山田局長に連絡。同署にも通報して被害を未然に防いだ。宮川さんは感謝状を手に「今後もお客さまに気を配り被害を未然に防ぎたい」と笑顔を見せた。

 同署は千葉信用金庫誉田支店窓口係の早川美保さんにも感謝状を贈呈。早川さんは11月6日に「息子から200万円用意してほしいと頼まれた」と相談してきた70代の女性が被害に遭うのを防いだ。


  • LINEで送る