知事賞に今井さん三橋さん こども県展404人表彰

特別賞を受賞した児童生徒=12日、千葉市中央区の千葉市民会館
特別賞を受賞した児童生徒=12日、千葉市中央区の千葉市民会館

 千葉県内小中学生が参加する絵画コンクール「第64回こども県展」(千葉日報社主催)の表彰式が12日、千葉市中央区の市民会館で開かれ、準特選以上の404人と学校賞の78校などを表彰した。

 自画像を描き最高賞の県知事賞に輝いた柏市立中原中3年の今井寛稀さん(14)は「絵が立体的に見えるよう工夫した。まだ実感が湧かない」と笑みを浮かべた。同じく知事賞の松戸市立横須賀小6年、三橋大悟さん(11)は「運動会で印象に残った場面を表現した。とてもうれしい」と喜んだ。

 表彰式では特別賞・特選・準特選の計404人と、学校賞(78校)、学校奨励賞(124校)を表彰。

 大澤克之助千葉日報社社長は冒頭「授業時間の減少や災害の影響がある中、先生方の努力があり、多くの応募があった。今後も高いレベルで発展していけるよう努力していく」と述べた。前嶋実審査委員長は「今年も立派な作品が多かった。これからも絵を描き続けてほしい」と期待した。

 同展は664校から9万9620点の応募があり、8286点が入選した。

 優秀作品は、15日まで県立美術館(千葉市中央区)で展示している。


  • LINEで送る