復興へ「一緒に頑張ろう」 富津・マザー牧場 福島のフラガール、被災地癒やす

復興応援のため華麗なパフォーマンスを披露するフラガール=26日、富津市田倉のマザー牧場
復興応援のため華麗なパフォーマンスを披露するフラガール=26日、富津市田倉のマザー牧場

 相次ぐ台風や大雨被害の中で一緒に頑張っていこうと、福島県いわき市の「フラガール全国きずなキャラバン2019」が26日、富津市田倉のマザー牧場で華麗なパフォーマンスを通してアピールした。

 長期休園を余儀なくされた同牧場を含め、被災が続いた千葉と福島の両県。元気と笑顔を千葉県民に届け、福島の復興に向けたメッセージを発信するため、レジャー施設同士の交流から訪問が実現した。

 華やかな衣装のフラガール3人が登場し、同園のキャラクター「マーモママ」も加わり屋外特設ステージで4曲を披露。子どもたちも首からレイ(花輪)を掛けてフラ体験をするなど和やかな雰囲気に包まれた。最後にワイオリ涼子さんが「いわき市も大きな被害を受けた。千葉のみなさんと一緒に前進していきたい」と呼び掛けた。

 東日本大震災後、暗いムードの全国を巡回して盛り上げたスパリゾートハワイアンズ・ダンシングチームによる同キャラバン。誕生55周年を記念して8年ぶりに復活し、全国の被災地を訪問している。


  • LINEで送る