「マウンド立つ日楽しみ」 佐々木の交渉権獲得で 千葉市長

 プロ野球のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズが佐々木朗希投手(岩手・大船渡高)の交渉権を獲得したことについて、千葉市の熊谷俊人市長は18日、千葉日報社の取材に「ZOZOマリンスタジアムのマウンドに立つ日が楽しみ」と、早くも豪腕の雄姿に期待した。

 17日の同会議で4球団が競合する中、井口資仁監督が「令和の怪物」の交渉権を引き当てた。「千葉ロッテに入団してくれたらうれしい」と熊谷市長。「球団は大事に育ててほしい。市もホームタウンとしてバックアップしていきたい」と約束した。


  • LINEで送る